看護師 復帰

看護師の復職状況

日本の医療現場において看護師の数が足りない。看護師不足だ、と言われてどれだけの年月が経ったでしょうか。

看護師不足によって現場での労働条件はどんどん厳しい物となり、それがまた看護師不足に拍車をかけるといった「負のスパイラル」が我が国の医療現場では深刻になっています。
 

現在日本には潜在看護師が約55万人いると言われています。

潜在看護師とは、資格はあるけれども出産や育児、体調を崩すなどして一時現場から離れている看護師のことです。

この潜在看護師の中にも、再び看護の現場に復帰したいと考えている人はたくさんいます。

しかし、労働条件の厳しさや、ブランクによる不安からなかなか一歩が踏み出せないでいるというのが現状です。
 
看護師を確保するということは、病院における重要な経営課題の一つでもあります。

医療水準を高め、患者さんに満足してもらうということは病院経営上、とても大切なことなのです。

そのため、最近では潜在看護師の雇用に力を入れる病院が大変増えてきました。

参考:ナース求人・転職をサポートしてくれるサイトを紹介

ブランクのある潜在看護師のためにプリセプターを付けたり、研修期間を長めにとるなどの他、育児と両立し易いように勤務時間を考慮したり、保育所を併設するなどの工夫をする病院がとても多くなってきたのです。

また、潜在看護師と病院の間に立って復職をサポートするサービスも充実してきました。

自分にあった条件や職場を、専門家にアドバイスしてもらいながらじっくり選ぶことの出来る環境が整ってきたのです。

看護師の転職関連サイト

人気の看護師転職サイト「ナースフル」

関連サイト

保育士転職サイト【保育士バンクなど】失敗しない転職
http://保育士転職.asia/
保育士の転職を応援します。転職に失敗しない為の情報を掲載します。

看護師復帰の支援サイトメニュー